ワンオペ二児連れ「リゾナーレ八ヶ岳」旅レポ④

チキチキ・ワンオペ二児連れリゾナーレ八ヶ岳の旅 〜しかも坊、スキーデビューだってよ!?〜」

 
前回の続きです!

書いてるうちにめちゃくちゃ長くなったので、要点だけ読みたいわって人はもくじから飛んでください。

なお、今年の2月の話で、まだコロナが対岸の火事だった頃の内容につき、今は色々変わっていることもあるかと思うのであしからず!
あと誰に頼まれたとかでなく勝手に書いてるだけなので、間違った情報とかがあったらすんません!

YYgrillで朝食ビュッフェ

朝食はワイワイグリルのビュッフェへ!
ビュッフェって、地域の名産品や名物料理をちょっとずついただけて、楽しいですよね〜。
しかもリゾナーレ八ヶ岳のビュッフェはとても美味しいと評判!

でも…今まで何度か家族旅行に行った私の経験上、ビュッフェにはマジろくな思い出がないんですよ…。

子どもは好き勝手な行動するし、旦那はマイペースに自分のぶんだけ取って来てのんびり食べやがるし、私がようやく食べ始めた頃には飽きた子どもたちが散り散りになってスイーツ置き場をたむろし始めるっつうね!

しかも今回は完全ワンオペ!

まあ、結果から言うとカオスでした…。
どんなに事前に勝手な行動をするなとか店内はぜったいに走るなと約束させても、色とりどりの料理を見たら目の色変えて走り出し、アイスとか納豆とかコーンスープとか山盛りのうどんとか食いきれない量持ってくる坊…。

お嬢の手をひき、どうにか子どもたちへと持ってきた料理はほぼ手つかず。
残しちゃ悪いからとワインで二日酔いの胃に無理やり押し込む母。
その隙にまたアイスのおかわりに行く坊…。

リゾナーレ八ヶ岳 朝食ビュッフェ

手前の野菜と納豆は二日酔いの母が美味しくいただきました

こちら都合ですんごく申し訳ないけど、何食べたかも味もよく覚えてないです…。きっとたぶんおいしかった…。

次利用することがあったら、美味しいものを味わうことは諦めてショップでパンでも買って部屋で食べようかな…

と思っていたら、現在はコロナ対策の関係でお部屋へのテイクアウトできたり、子ども用の専用メニューを席まで持ってきていただけるとか。なんとありがたい!

新しい取り組み“新ノーマルビュッフェ”についてはこちらでご確認を〜

いざ、スキーへ…!

一度お部屋に戻ってからウエアに着替え、チェックアウト。
チェックアウト後もフロントに荷物を預けられるのですが、帰りの着替えもあるので「アクティビティセンター」に荷物を預けました(アクティビティセンターに更衣室がある)。

「スノーリゾートセンター」で、昨日のうちにレンタルしておいた板とスキーブーツを受け取り、送迎バスに乗ってゲレンデへGO!

リゾナーレ八ヶ岳 スキー場

このアスファルトのヒビ割れ、私の手の甲で既視感…。

この年は暖冬ということもあり、人工雪だと言うことはあらかじめ聞いてましたが、マジで雪がなくて不安になったのですが…


ゲレンデにはちゃんと雪がありました!
しかも思ったよりもサラサラ。最近の人工雪の技術ってすごいのな!


さあ、坊のスキースクール、スタート!

まずはスキー板の履き方から、滑り方、止まり方、年齢によってはリフトの乗り方まで教えてくれるそうです。
写真を見てわかるように、年少さんくらいのちびっこから小学生までさまざま。たしか就学前のお子さんは保護者の付き添いが必要だったと思います。
所要時間は忘れたけど1時間ちょっとだったような?
ハイパーハッスルフリーダムボーイな坊を知らん人に預けるのはちょっと不安だけど、まあなんとかなるでしょう…。

運動神経も体幹もよわよわな坊は、きっとスキーもまともに滑れず転びまくってすぐに根をあげるだろうから、スキー教室のあとは坊を励ましながらみんなでキッズスノーランドでちょろっと遊んでから帰る、という計画でした。

だって、こちとらワンオペ二児連れトラベラー。
坊と同じく運動神経も悪ければ、スキーも高校の修学旅行以来滑ったことがないアラフォーの身。ゲレンデという大海原で、3歳のお嬢とフリーダムな坊をひとりで見られるわけがない。

だがこの目論見が激クソ甘かったことを、のちに痛いほど思い知るのである…。

富士見高原スキー場キッズスノーパーク

坊のスキースクールの間は、お嬢と「キッズスノーランド」という雪遊び広場へ。
値段はたしか1000円くらいだったと思います(3歳未満と64歳以上は無料)。

まずはふわふわ遊具コーナーへ。
富士見高原スキー場のスノーパークは国内最大級とのことですが、暖冬で雪がない…。

本来だったら雪の上に寝そべるマンモスであったが、
雪ないので枯れ草の上にだらしなく寝そべる何か…。

ピンク色のコアラ的な何か

降りたあと膝がガクガクするタイプのやつ

クライミング的なもの

アルパカさんやモルモットなどのふわふわの生き物とのふれあいコーナーもありました。

動く歩道で楽々頂上まで行けるソリコーナーで、なんども滑りました。
場所によってはけっこうなスピードが出るのでめちゃくちゃ楽しかった!

身体が冷えたら、焚き火にあたりながらホットココアで暖をとれる。

暖冬ということもあり雪のエリアが思いのほか狭くて、雪だるま作ったり雪合戦したり…という雪遊びはちと厳しかったけど、チビっ子は2〜3時間は過ごせると思います。
雪がたくさん降る年は、きっともっと楽しいんだろうなー。

さて、次のページは坊のフリーダムっぷりにひたすら翻弄される話につき、読んでてつかれると思うので、興味がない人は飛ばしてください。

ふつうにワンオペ子連れ「リゾナーレ八ヶ岳」旅レポの続きを読みたいかたはこちらへ!

怖いもの見たさで覗いてみるかたはこちらへどうぞ…


シェアする!

フォローする!




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください