ワンオペ子連れ「リゾナーレ八ヶ岳」旅レポ③

チキチキ・ワンオペ二児連れリゾナーレ八ヶ岳の旅 〜しかも坊、スキーデビューだってよ!?〜」

前回の続きです!

書いてるうちにめちゃくちゃ長くなったので、要点だけ読みたいわって人はもくじから飛んでください。

なお、今年の2月の話で、まだコロナが対岸の火事だった頃の内容につき、今は色々変わっていることもあるかと思うのであしからず!
あと誰に頼まれたとかでなく勝手に書いてるだけなので、間違った情報とかがあったらすんません!

温水プール「イルマーレ」!

ホテルの温泉プールって、ちょっと狭めの直線プールと気持ち程度のジェットバスってイメージないですか?
でもリゾナーレ八ヶ岳のプールは、1時間に1度のビッグウエーブの出る波のプールあり、カエルの妖精さんの森に迷い込んだかな?ってくらいかわいいデザインのウォータースライダーや噴水があるキッズエリアあり、ベビーと遊んでも安心な浅めのプール内のボールプールエリアあり(なんのこっちゃ)、露天風呂気分を味わえる屋外ジェットバスあり(今は休止中みたいです)で、もうここだけ目当てで来ても充分いいやん…ってくらいにめちゃくちゃ楽しいです。

さらにアルコールやスナックも売っているカフェテリアもあるんですが、もちろんそんなん行ってる猶予はもちろんなくずっと水に浸らされてました。

我が家の子どもたちは大興奮で遊び尽くし、おそらくここに2時間はいたんじゃないでしょうか。

波のプールは、浮き輪やボートなどがあるとより楽しめると思います(レンタルも可能)。
あと床が滑らないようにゴツゴツしているのですが、波打ち際で子どもたちが擦りむいてけっこうな痛手を追ったので、心配なかたはスイムスカッツなどを履かせておいたほうがいいかもです(ちなみにフロントに言ったら絆創膏をもらえました。しかも普通のと敏感肌用のケアリーヴの2種類あった…神!)

私たちが行ったのは真冬の2月でしたが、水温はだいたい30度に保たれているし、常に動き回っていたのでとくに寒さは感じなかったような?ちょっと体が冷えたかな〜と思ったら、ジャグジーバスで温まったり、プールサイドなど至るところに置いてあるバスタオルにくるまってました。

更衣室は広いし清潔。
シャワールームや簡易脱水機もありましたよー。
ちなみに坊は女性更衣室を使うのを恥ずかしがっていましたが、「お風呂と違って着替えるだけだから!」と説得して女性更衣室を利用させていただきました。

現在はコロナ対策で宿泊客のみの利用になっているみたいですが、ここでもホテルカードを忘れずに!

水場につき写真は撮れなかったので、こちらでご確認を〜

ピーマン通りで夕食を

リゾナーレ八ヶ岳には、本格的なイタリアンをコースで楽しめる「オットセッテ」や、旬の食材や鉄板焼をビュッフェスタイルで楽しめる「YYグリル」が付いているプランもありますが、残念ながら予約時に空きがなかった!まあワンオペ二児連れトラベラーなので、コース料理なんてとてもじゃないけど楽しめないからいいんだ…。
そんなこんなで夕飯はピーマン通りのレストランに行きました。

夜のピーマン通り
ピーマン通りには、冬場はワインボトルで作られたツリーが飾られるのですが、これがめちゃくちゃキレイなんです…。

昼間は「あ〜、すごいね〜。でも邪魔だな…」くらいでぶっちゃけ何とも思わなかったのですが、夜にはライトアップされて、これがものすごく幻想的!
子どもたちも大興奮!お嬢曰く、「あたし、こんなのゆめみてた〜」だそうです。

夜のピーマン通り

上着のボタンがずれているのは気にしないでください

冬場の八ヶ岳は凍えるほど寒いですが、ホテル練にお泊りの方もぜひ夜に訪れてみることをおすすめいたします!

 
夕飯は「清里ハム」でハムやピザを食べながらワインでもキメたかったのですが、残念ながら18時閉店で間に合わず…(閉店時間が20時(ラストオーダーは19時)までのところが多いので、お気をつけください〜。でもホテルのすぐ裏にローソンがあるので最悪餓死はしない…)。ピザがだめなら自分じゃ絶対作らないジビエ料理!と思ったのですが、子どもたちが颯爽と入って行ったのは蕎麦屋さん「そば麓」…。

蕎麦なんて家でも茹でられるし近所にもあるやないかい!と思ったのですが、メニューに長野名物のほうとうを発見!

リゾナーレ八ヶ岳 ほうとう

写真が下手ですみません…

野菜もたくさん採れておいしかったし、あったまった〜。

リゾナーレ八ヶ岳 キッズメニュー

各種フライにお蕎麦にゼリーにおもちゃとボリューム満点。
少食のお嬢は食べきれず、残りは坊と母でおいしくいただきました…

おもちゃつきのキッズメニューもあって、結果大満足でした。

レストランに関してはこちらでご確認を〜

ブックス&カフェ、ワインハウス

夕飯をいただいてお腹が膨れたあとは、お部屋に戻りがてらブックス&カフェとワインハウスへ。

ブックス&カフェは「お気に入りの本を読みながらコーヒーを愉しめる、寛ぎのブックストア」だそうです。
子どもたちも絵本を手にとったりと、くつろいでいました。

リゾナーレ八ヶ岳 ブックス&カフェとワインハウス

こんな収納に余裕がある家に住みたい…

お隣のワインハウスでは、ワインを一杯ずつテイスティングできるみたいで賑わってましたが、こちとらワンオペ二児連れトラベラー…。とにかく子どもたちがじっとしていないので、テイスティングする暇もソムリエに話を聞く間もない。そそくさと一番安い(それでも高かった…)白ワインとおつまみセットのおしゃれなサラミとチーズを買って部屋にお持ち帰りしました。

ブックス&カフェ、ワインハウスについてはこちらでご確認を〜

子どもたちはさすがに遊び疲れたのか、お風呂に入ってからはすぐに夢の国へ…。

子どもが寝てからワインタイム。

リゾナーレ八ヶ岳 お部屋でワイン

奥のグラスは水。
私ビールならいくらでも飲めるけど、ワインはあんまり飲めないんでした…。廊下にあるウォーターサーバーのお水をデキャンタボトルに入れて持ち帰ることができます。

ワインはスパイシーな風味で、とても美味しゅうございましたが、ボトル1本は1人では飲みきれず、お持ち帰りしました。
デキャンタとおつまみを詰めておしゃれなBOXに詰めて部屋呑みできるという「VINO BOX」というサービスもあるみたいですが、なんせソムリエさんとお話する余裕もなかったので実行しておりません。すんません。

→続きます!


シェアする!

フォローする!




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください