ワンオペ二児連れ「リゾナーレ八ヶ岳」旅レポ ⑤

チキチキ・ワンオペ二児連れリゾナーレ八ヶ岳の旅 〜しかも坊、スキーデビューだってよ!?〜⑤」

 
さて、気を取り直して前回の旅レポの続きです!

書いてるうちにめちゃくちゃ長くなったので、要点だけ読みたいわって人はもくじから飛んでください。

しつこいですが今年の2月の話で、コロナがまだどこか対岸の火事だった頃の内容につき、今は色々変わっていることもあるかと思うのであしからず!
あと誰に頼まれたとかでなく勝手に書いてるだけなので、間違った情報とかがあったらすんません!

帰路

はい!
ってなわけで、子どもたちは大満足したスキー初体験&雪遊びが終わったわけですが、スキー場からの帰りもホテルまでの送迎バスがあるので楽チン!

ホテルに帰ったら、「スノーリゾートセンター」で、スキー板とブーツを、「アクティビティセンター」でウエアと小物類を返却。

ぜんぶレンタルだから、重いボードとウエアを背負って帰ったり、帰ってからワックス塗ったりクリーニングに出す手間もなく楽ティンティンです。

男女別れて着替えている間も
アクティビティセンター内にあるキッズスペースで
待ち合わせできるので便利!

本当だったらもくもく湯で軽くひとっ風呂浴びてから帰りたいところですが、なんせスキーに夢中になって帰宅時間ぎりぎりになってしまったので、そのまま駅までの送迎バスに乗り込みます。

帰り際、「帰りたくない!アスレチックしたかった!」と言ってスネる坊…

こんなこともあろうかと帰りの特急電車のきっぷはまだ購入していなかったので、帰りのバス内でえきねっとからきっぷを購入。
お盆や冬休みで混雑しているときは難しいけれど、気持ちの切り替え苦手キッズとの移動の際は、急な予定変更に備えて直前のきっぷの購入をおすすめしまっす!

駅の売店でお土産とお弁当を買って、あずさで夕飯を食べました(母は飲みきれず持ち帰ったワイン…)
1日中スキーや雪遊びをして相当疲れてるはずだから電車で寝るかな〜と思ってたけど、一睡もしないで最寄駅に着いてからウトウトしだすっつうのが我が家のいつものパターンやで!

安心してください、寝てません。
君たちはいったい何と戦ってるの…?

まとめ

今まで母子で友だちや義実家に泊まりに行ったことはありましたが、ホテル泊は初めての試み。
どうなることかと思いましたが、坊の波乱のスキーデビューを除けば、どうにかこうにか旅行を楽しめたように思います!

でもきれば八ヶ岳周辺の観光もしたかったけど、一泊二日のワンオペ弾丸トラベラーにはリゾナーレ八ヶ岳とスキー体験だけでお腹いっぱい!
八ヶ岳は知り合いの別荘があって子どもの頃に家族でよく行ったのですが、八ヶ岳にはめちゃくちゃうまい「清泉寮」って言うソフトクリーム屋さんがあるんですよ。ジャージーミルクのコクとトロトロザクザクの食感で本当に美味しい。ソフトクリームが好きでよく食べ歩いている私ですが、今まで清泉寮以上の美味しいソフトクリームには出会ったことがないので、子どもたちにもいつか食べさせたいなー。
 
リゾナーレ八ヶ岳は、冬場のスキー以外にも季節ごとの楽しいアクティビティが用意されているので、坊とも「お母さんだけでも旅行に連れて行けることがわかったから、今度またアスレチックをリベンジしに行こうね!」と話していました。

でもこの後、あれよあれよと言う間に世の中が大変なことに。
旅行に行った2月の時点では皆ほとんどマスクをしていなかったのに、この8ヶ月の間で世の中は一変…。
みんな、本当につらいつらい時期を乗り越えてきました。

現在はGoToトラベルなども始まりましたが、まだコロナが落ち着いたとはとても言えない状況…。
毎年長期休みのたびに帰省していた義実家からも、他県からウイルスを持ち込んだら近所から晒しあげられるから今年の正月も帰省は遠慮してほしいと言われています。

──でも、観光業はそうも言っていられない。
宿泊施設のみなさんも感染症対策なども頑張ってくれているなか、私たちはこのコロナ禍でどうすべきなのか…。

今は行けなくても、コロナ禍がおさまったら行ってみたい旅館やホテルはたくさんある。
でも、そのときに施設が無くなっていたらどうしよう。
前払いとかで応援できることはないかな?

と思って検索していたら、こんなプロジェクトを発見しました。

種プロジェクト

「将来の宿泊に、いま支払う」のキャッチコピーのとおり、コロナ禍で窮地に追い込まれている宿泊施設に、応援メッセージとともに一口5000円から「未来の宿泊料金」を買うことができるそうです。

こちらのサイトに登録して、応援したい宿泊施設に入金すると、3年間有効の「サポーター前払証書」が送られくると。この「サポーター前払証書」は宿泊料金の支払いに使えるので、コロナなどの状況を見てYes!GoTo!(もちろんちゃんと予約してから行こうな!)

ちなみにこのプロジェクトはボランティアで運営されているようで、サポートしたお金は運営側が手数料をとることなく全額宿泊施設に渡るし、宿泊施設側の費用負担もないとのこと。Yes!マゴコロ!

これも別に宣伝頼まれたわけでもなんでもなく勝手に紹介してるだけなんで、間違ってたらすみません…。
でもまだ登録されている施設が少なくリストにある施設に限られるので、このプロジェクトがどんどん広がったらいいな〜と思います!

未来に種をまこう〜ってか!

🌱 種プロジェクト

以上、長い旅レポでしたが、読んでいただきありがとうございました!!!


シェアする!

フォローする!




コメント

  1. ☆manaco☆ より:

    ワカメさんこんばんは☆

    いやー、楽しく読ませていただきました‼︎

    我が家も母子3人トラベラー(夫は人混み嫌い、ミッ○ー別に好きじゃない、と言うので、あえて連れて行かない方針です)で、坊ちゃん同等の多動長女を連れて1歳でディ○ニーデビューした所からそれは始まりました…。

    めっちゃ新幹線移動大変だし、荷物も子どもも自分一人でどうにかしなきゃだけど、楽しいですよね!
    ウチは長女が2歳の時、発車前の新幹線内で行方不明になり超青ざめた事が昨日のことのように思い出されます…。
    名古屋から東京まで延々とデッキで抱っこしてたこともな!(苦笑)

    今は15歳と10歳になった子ども達。
    長女はもう小さい時の母子旅行の記憶は無いですが、母の自己満含めて行ってよかったと思っています。
    母の目と脳にはその時の子ども達の笑顔が刻まれ、また行こう!めちゃ大変だけど!って思えます。

    ワカメさんももう少し2人が大きくなったらもっと楽しめるようになります( ´ ▽ ` )

    そして、GOTOは使わないかな?と思っていたけれどちょっと考えるようになって、リゾナーレ調べてみたけれど…、人気でいっぱいですね(汗)
    お高いのに…(笑)
    でも、ほんと、微々たるものでもこれからの宿を守るために、近場でもいいので課金(と言っていいのか…)していきたいと思っています。
    長文失礼しました。

    ブログこれからも楽しみにしています!

    • 石塚ワカメ より:

      ☆manaco☆さま
      なんと、ワンオペトラベラー先輩でしたか!
      発車前の新幹線で行方不明…。想像するだに恐ろしすぎて…
      そういや私も坊が赤ちゃんの頃は東京⇄岡山間をほぼデッキで、歩くようになってからは先頭車両から後方車両まで何往復もしてましたわ…。

      この記事を書くことで「そういやこんなカオスだったな…」と大変なことも思い出しましたが、旅行後は子どもたちとの楽しい思い出と笑顔で満たされてて「また行こう」って思ってました。ほんで母の達成感もはんぱないですよね。

      子どもたちが15歳、10歳になっても、母と一緒に旅行してくれるといいなー

  2. mocomi より:

    ワカメさん初めましめ。
    ワカメさんのブログはもう何年も前から拝見しているのですが、こうしてコメントするのは初めてです。緊張です。。。

    私は北海道在住なので、ウィンタースポーツは逆に寒くて行きたくないと思っている為、ワンオペ子連れでスキー旅行なんて大尊敬いたします。
    一方私なんて娘には近くの公園でソリ遊びしかさせておりません。。。ダメ母です(;ω;)

    そして、ディズニーランドのワールドバザールくらいの広さ…
    ぶらぶらとお散歩がてら歩くにはちょうどよく、目的があってめちゃくちゃ急いでるときは「とおっ!」と思う程度…
    この表現絶妙すぎです。
    正にその通りで笑っちゃいました。流石です。わかりやすすぎです。

    坊くん怪我などしなくて良かったですね!
    その時のワカメさんの心境が痛い程伝わってきてハラハラいたしました。
    でも凄く良い思い出になったでしょうね(^^)
    私もいつか母子旅行したいと思います。

    コロナで大変な世の中になっておりますが、ワカメさんのブログを読んで元気を貰っております。
    ありがとうございます。
    これからも陰ながら応援しております(≧∀≦)

    • 石塚ワカメ より:

      mocomiさま
      長年のご愛読&勇気を出してのコメントありがとうございます!

      私の実母も北海道出身で冬場はスキー履いて通学してたそうですが、「寒いのやだ」とウィンタースポーツに連れて行ってもらったことなかったです。
      逆に都内はあまり雪が積もらなくて雪に憧れがあるのでできたことなのかもしれません。近所でそり遊びなんて羨ましい!

      今回は怪我や事故がなかったのは奇跡に近いけど、母子で旅行を達成したったぞ!という充実感がはんぱないので落ち着いたらまた行く予定です(懲りない)。
      坊は北海道も行きたがってるので、のびのび動ける船旅でいつか実現させたるぞ!と思ってます。

      今後ともよろしくです!

  3. つむ より:

    私もワンオペトラベルしたことあります!

    長男6歳、長女0歳で沖縄宮古島に。
    3週間くらいウィークリーマンションとレンタカー借りて滞在しました。
    ホテルも考えたけど、長女の離乳食問題があり、調理ができたほうがいいなと。結果的に安くも済んだのでよかったです。(←ここ重要)
    飛行機では寝る子だったのでなんとか1人でも大丈夫でした!
    朝ごはんにおにぎり作って海辺で食べたり、テキトーで楽しかったです。
    うちもホテルビュッフェだったらワンオペ大変だったかも…(´-`)

    今度はウィークリーマンションの旅も楽しいですよー!

    • 石塚ワカメ より:

      >つむさん
      すごい!3週間も宮古島でワンオペ!?
      …て、よく考えたら、普段の生活もほぼワンオペなのであまり変わらないですね。
      家の近所で持て余すより、子どもと気ままに海辺で散歩してって、最高…。やばい、最高な気しかしません。夏休みとか検討してみようかな。

      その前にプラチナゴールドのペーパードライバーをなんとかせねば…

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください