5さいのぜつぼう




性格なのかお年頃なのか、ちょっとしたことでキーキー言っては泣くお嬢。

大人になると、思い通りに行かないことや悲しい思いをしても声をあげて泣くことがなくなるので、感情を力いっぱい表現できるお嬢がうらやましくなる今日このごろ。

お嬢以上に激しい性格だった坊も、最近では声をあげて泣くことはパッタリとなくなりました(悲しいときは静かに涙を流す)。

こうやって感情を爆発させられるのも、幼児期の今だけなのかもしれませんね。

そんな私が最近泣きたくなったこと。

この投稿をInstagramで見る

石塚ワカメ(@wakameenk)がシェアした投稿



このプリンおいしそう。
今度実母の面会の差し入れに持って行こうかな。

シェアする!

フォローする!




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください