アラフォーがピアスの穴を復活させた話①





ピアスの穴、もうずっと開けたくて開けたくて…。
でも怖くてな…。

私が若い頃は安全ピンとかピアッサーで開けてたけど、いまや怖い。めっちゃ怖い。
酒の勢いを借りようとしたけどやっぱ怖い。
気持ちを奮い立たせるためにかわいいピアスを奮発して買ってみたけど怖いもんは怖い。
分解されたピアッサーの尖ったピアスでぐりぐりやってみたけど痛い。めっちゃ痛い。

でもオシャレしたい。
服がヨレヨレだから、耳元だけでも飾りたい。
という気持ちよりもむしろマスクしてて顔が隠れてるけど目元がシワシワだから視界を分散したいという気持ちが強い。

イヤリングでお茶を濁したりもしたけど、どういうわけだかすぐ無くす。
飾りが大きいものとか、もう秒で無くす。
なんなら家出る前に落ちてる。
しかもイヤリング、ずっとつけてると痛いし。

でもピアスに憧れるぅ〜!!!!

そんな気弱な悩めるアラフォーが、皮膚科でピアスの穴開けデビューをかました奮闘記です。
シリーズにするほどでもないんですが、長くなったので分けて2回に分けて書きたいと思います。

 
ちなみにかわいいピアスはイラストレーターのカツヤマケイコパイセンのお店で買いました。

カツヤマケイコパイセンのお店BROCCA(ブロッカ)、古道具が品揃えもとっても素敵なのですが、かわいいアクセサリーもたくさん置いててたまりません!

お近くに寄られた方はぜひに〜

つづきます


ピアッサー、Amazonだと安いのね。
今まで子どもたちに何個無駄撃ちされたことか…。

シェアする!

フォローする!




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください