探究スペシャルに行ってみた③

前回のつづきです!

探究スペシャルに行ってみた②
前回のつづきです! 清水の舞台から事故を装っておそるおそる...




探究学舎のオンライン授業の動画配信はいくつか見ていたのですが、教室でのグルーヴ感は…まじでエグかったです。

メインファシリテーターがめちゃくちゃ盛り上げ、
どんなアホな発言も匠の技で拾ってくれるので(※)
子どもたちはどんどん発言し、
授業はどんどん脱線し、
教室の子どもたちの目はキラッキラしてました。

※子どもの特有の一回ウケた他人のネタ反芻は一定領域を超えるとスルーされます

メインファシリテーターのエンターテイメント性もとにかくすごいのですが、グループファシリテーターの存在も特筆したい。

ちなみにさっきからちょいちょい出てくる「ファシリテーター」とは?

ファシリテーター(英: facilitator)とは、会議やミーティングなど議論や意見交換の行われる場で、参加者たちの話の内容を整理したり、意見が活発に出るように発言を促進したりする進行役のことをいう。議論の決定権は持たず、中立的な立場で討論が円滑に行われるようにする世話役を担う。
引用元:webio辞書

だってよ!
授業は6人ずつのグループに分かれて着席するのですが、各テーブルに「グループファシリテーター」がついてくれます。
このグループファシリテーターがグループセッションのときにみんなの意見や発言を引き出したり、手を挙げられない控えめな子や手を挙げても当ててもらえなかった子の意見をや度を超えた発言をしたがる子の拾ったりと、あたたかくゆる〜くサポートしてくれるんです。ときにはメインファシリテーターにガヤを飛ばすこともw
どうですかありがたすぎませんか。

授業が脱線しすぎて2日目の後半はかなり駆け足だった感も否めなかったけど(笑)、難しい説明が続いたあとは「驚きを身体で表現してみようっ!」と子どもたちに身体を動かさせたり、身体を張ったギャグを散りばめたりと、至るところに退屈させない工夫が施されてて「さすがやな…」と関心させられっぱなしでありました。

坊はとにかく探究学舎のエキサイティングな授業が楽しくて楽しくてたまらなかったようで、帰宅後も興奮さめやらずでした。
しかも坊は物理に興味を示したようで、物理を探究しまくってまっす!!!
ありがとう探究学舎さん!!!!
めざせ物理博士〜〜〜〜!!!!!

 

 

 

 

 

 

 
…とはならないのが現実ぅ〜★

 

 
帰宅後しばらくは、実験で作った道具で遊んだり、お土産でもらった資料を眺めていましたが、掘り下げるところまではいかなかったようで…。

クイズ大会で一位になったグループに景品で配られたこの本を買い与えてみたのですが、まあ全然読んじゃくれないよね。
まあこういうことも想定済みだったけども。

あ、そうそう。
懸念していた「物理」という激ムズテーマでしたが、

・物理学とはなにか。
・光、磁力、熱、電気、電磁気の正体は何か。
・素粒子とはなにか。
・光はどうなぜ昼間の空は青くて夕方は赤くなるのか。
・虹はなぜできるのか。

などなど、これだけ見ると「????」な内容を、講師のエンタメ力とわかりやすいスライド、クイズ大会、実験などを通じて「わお〜っ!」「へえええ!!!」なんて言っているうちに、なんとなくわかったような気になるんですよこれが。

内容をすべて理解できたかと言うと怪しい…というかほぼ理解できなかったけど、物理が何なのかまったくよくわかってなかった私たちが、「物理っておもしろいじゃん!」って思えたことはでかい。

じっさい授業を受けてから…

なんて会話もありました。
(私がハマった。物理に)

まあ、即効性のある“探究の火種”にはならなくても、いつかひょこっと芽生えるかもしれない“種”を撒けたらいいや。
これから何に芽が生えるかも、何が栄養になるかもわからないので、気長〜に次なる“探究の種”を探していきたいと思いまっす。

 
っってなわけで、坊を探究学舎に入塾させよう〜!

と決心したけど、ぼやぼやしてたら1月のオンライン授業の申し込みが終わってたというオチ!!!!な!!!!!!ズコーーー!!!!!

ちなみに頼まれたとかではなく勝手に書いてるだけなので、間違った情報などあったらすみません〜!
人気ですぐに席が埋まっちゃうので、興味持ったら早めに申し込むのをおすすめしますっ。



探究学舎の出している本、これ坊好きそう!


シェアする!

フォローする!




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください