カオスな節分






母が北海道出身なので、私が小さい頃は節分には落花生を撒いていました。
(北海道では節分には落花生を撒く習慣があるとかないとか…)
殻に包まれているため、外に撒いたあとも拾って食べられるのでもったいない精神的には有り。
でも落花生、剥くのめんどくさいし、けっきょく殻がカサカサバラバラするし、味もあまり好きじゃないんですよね…。

大豆は砕けるし掃除が大変だから嫌。
えんどう豆は細長くて攻撃力高そうだから鬼的観点からいうと嫌。
どうせ掃除が大変ならいっそのこと納豆撒く?
いやいや、落花生の殻の要領で冷凍枝豆がベストなんじゃね?

…という結論に落ち着き、出向いたスーパーで小分けタイプの豆を発見!
「こりゃ便利!」とばかりに導入してみたのですが、まあ当たり前のように袋から出して中身をバラバラバラバラと撒かれましたよね。ええ、バラバラと…。

でも子どもたちと大笑いしながら豆を撒けるのもあと数年かもしれない。
そう思うと、やっぱり豆撒いてよかったなと思う今日このごろです。



ふつうのサイクロン掃除機もあるんだけど、コンセントに繋いだりコード巻き取るのがめんどうで、こればっかり使っています。
フィルタータイプなのでゴミがいっぱいになると吸引力は落ちますが、楽だし軽量スティッククリーナーにしては吸引力が強くておすすめです〜

スポンサーリンク

シェアする!

フォローする!




スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください