悲劇の一人芝居




以前取材で幼児教育の先生に伺ったことがあるのですが、幼児期の「ごっこ遊び」って、日常生活で印象的だったものごとを反芻していることがあるそうなんです。

まだ言葉でうまく自分の思いを伝えきれない幼児期。
「ごっこ遊び」をよく観察することで、子どもが日常生活で悩んでいることや苦手なことを知ることができる、とのこと。

前々からお嬢のごっこ遊びで、「もうむりよ」とか「できないわ」などとネガティブなことばかりを言ってるのが気になっていたので、アナ雪のマネとわかったときにはちょっとほっとしました。

でも…でもですよ?
アナ雪のマネとは言え、他に楽しい歌やセリフもあるのに「生まれてはじめて(リプライズ)」を選ぶあたり、やっぱりお嬢のネガティブっぷりがちょっと心配になる母であった…。

実際のお嬢の悲劇の一人芝居はこちら。

オラフの声ってこんなんだったっけ…?



坊がレゴのパンフレットを見せながら猛烈プッシュしてお嬢のクリスマスプレゼントに選ばせていました。
坊は自分が遊びたいだけって言う…

スポンサーリンク

シェアする!

フォローする!




スポンサーリンク

コメント

  1. ちや。 より:

    オラフの声は。。
    ピエール瀧さんだったので、逮捕に伴い別の方に変わりました。。

    • 石塚ワカメ より:

      >ちや。さん
      声優さん、かわっちゃいましたね〜(泣)。
      本家の外国版に寄せているのか、新しい声優さんの武内駿輔さんもおとぼけ感な感じが出てますよね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください