坊のお土産




坊はよく学校から珍しい小石やフェンスの切れ端などを大事そうに持って帰ってくるのですが(※参照)、今回はまさかの食品…。

母に見せたかった気持ちは嬉しいけれど、掃除の時間も5時間目も帰りの会も大事に口の中に入れていたと思うと、キュンとするやら呆れるやら…。

このエピソードはTwitterにもあげたのですが、あれよあれよと言う間に世に拡散され、気づけば現時点でリツイートが4桁、いいねを5桁いただく事態になって驚愕しております…。

あまりにも反応が大きすぎて個々にリプライできず申し訳ないのですが、いつもの坊のアホエピソードが老若男女の皆様の心をほっこりせることができたようで、たいへん喜ばしく思っております。

長くインターネットの世界に生きておりますがこんな事態は初めてのことで、戸惑うあまり脳が若干バグっておりますが、これからも変わらずマイペースに更新していきますので、今後ともワカメ絵日記をよろしくお願いいたします!

スポンサーリンク

シェアする!

フォローする!




スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください