ほぼ形見








いつも「坊っちゃん、坊っちゃん」と掛け値なしに愛情を注いでくれた実母の変化を、彼なりにいろいろ感じ取っているのだな。

実母の「ほぼ形見」の給食ナフキンは忘れてきたけど…。

シェアする!

フォローする!




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください