忍びと聖夜と介護の話




サンタさんを忍びの技術を駆使して捕獲すると言う我が子に対し、「サンタさんを捕まえちゃったら、サンタさんからのクリスマスプレゼントを待っている全国の子ども達がかわいそうでしょ」とか道徳的なことよりも、とっさにエンゲル係数や介護のことを考えてしまった母…。

だってサンタさんは全国に何人かいるとしても、たいてい高齢者。
捕獲したサンタさんも最初のうちはプレゼントくれてても、数年したら介護が必要になるかもしれないじゃないですか。
巨体のサンタさんを介護するのは大変だし、自宅で世話できないとなると施設探ししないとだし、ワンチャン特養入れても介護費用がかさむし、お母さんはサンタさんの捕獲と同居はぜったいに反対ですね。

なんの話かわからなくなってきましたが、今年もサンタさんが来てくれて、無事に祖国へ帰れるよう願うばかりです。


坊が学校の図書室で借りてきたこの本、なかなか面白いですよ〜。
でも高っ!

スポンサーリンク

シェアする!

フォローする!




スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください