大往生




祖母は遠方に住んでいたのですが、子どもの頃から毎年1〜2ヶ月ほど実家に呼び寄せて、私の部屋で寝泊まりしていました。

冗談ばかり言う面白いばあさんだったけど、口が悪いし気も荒いので、60歳の年の差の祖母と孫でしょっちゅう喧嘩していたのを覚えています。

最後に祖母に会いに行ったときは、もう実母も認知症になっていたため一緒に連れて行けず。
おそらくこの記事のときを最後に、実母と祖母を会わせてあげられなかったのが心のこりです。

祖母に関しては「あたしゃ80過ぎてからは、翌日目が覚めなくてもいいやって思って寝るんだよ。だからもう好きなもんしか食べないよ!」が口癖で、2本しか残ってない歯でお菓子ばっかり食ってたし、ひまごの顔も見せられたからいいか。
104歳(数えで105歳)まで生きたし。

さて……。
祖母が亡くなったことをまだ実母には言ってないんだけど、どう伝えるかな。
言ったところでわかるかな。
次の面会のときに、祖母の写真でも持って行ってあげることにしよう。

祖母の老老介護を頑張ってくれてた伯父伯母には、祖母の献花とは別に、私の大好きなお花屋さんでお花を送りました。
JIHEI flowrさんのアレンジメントは、おちついた色合いと優しい香りで空間をほこっと彩ってくれます。

生後165日目-ひいおばあちゃん
先日、遠方から94歳のおばあちゃん(息子のひいおばあちゃん)が来てくれました。 おばあちゃんは昔か...

シェアする!

フォローする!




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください