お友だちの誕生日会(1)




専業ママさんは割と慣れっこなのかもしれませんが、坊は保育園からの学童キッズだったので、保護者を通さずひとりでお友だちの家に遊びに行くのは初めてのこと。

しかも坊はどこに出しても恥ずかしい超フリーダム男児…。

今まで何度か親同伴でお友だちの家に遊びに行かせてもらいましたが、食べこぼしは酷いわ、ソファーの上で飛び跳ねるわ、どのご家庭にもある開かずの間に勝手に入るわで、出禁上等の暴君BOY…。しかも気持ちの切り替えが極端に苦手で帰りの時間になっても片付けはおろか帰り支度もまともにせず、ひとりになっても居座ろうとすることがありありと想像できます。

普段学校で仲良くしてくれている子のお宅とは言え、こんなフリーダム男児をひとりで向かわせていいものか…。

ひとり胃を痛くする母なのであった!

続く!

おまけ:
はるきくん(仮)はドラゴンボールの歌詞を書いてくれたこの子ですね。

難解なヒーロー
このお友だちが書いてくれた歌詞はドラゴンボール超(スーパー)の映画の...



私のバイブルです!

スポンサーリンク

シェアする!

フォローする!




スポンサーリンク

コメント

  1. 暇母 より:

    いやめっちゃわかります。
    1年生の息子も坊くんタイプなので野放しに自信皆無。一応お友達の家での作法を教えてますが数分後には忘れています。これからどーしよー!!

    • 石塚ワカメ より:

      そうなんです、教えてはいるのです。でも楽しさが優先されるとできないのが奴ら…。
      彼らをちゃんと理解して、ヤバイことをしたら叱ってくれる信頼関係のあるお友だちの家から修行させるしかないかもです…(←自らにママ友探しの任務を課した^^;)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください