子どもにドアチェーンで締め出された話(3)

前回の続きです。
子どもにドアチェーンで締め出された話(1)
子どもにドアチェーンで締め出された話(2)







こうして、無事にドライバーでチェーンをドアから外して入ることができたのでした。
坊も無事だったし、ドアも壊すことなく、実質的な被害は8本入りの箱アイスくらいで済んでよかったです。

坊は保育園年中あたりから絶対にお昼寝しない子だったのですが、今年の夏は夏バテしてるのか、ちょくちょくお昼寝するようになりました。普段から昼寝が習慣化している子ではないので、このときも確実に寝ているかどうか自身がなく、いろいろ悪い想像を巡らせちゃったわけです。

ドアチェーンによる締め出しを防ぐために、今後しばらくは、ひとりで留守番しているときはドアチェーンはしない、かつインターフォンには出ないよう言い聞かせてみました。
とはいえ防犯的に不安なので、何か良い方法をご存知でしたら教えてくだいませ〜!



スマートフォンのアプリで、近距離はもちろん遠距離から鍵の開閉ができるこれまじで欲しい…。
内側からチェーン閉められたら歯が立たないけどな!
実母の近距離介護時にこいつの存在に気づいていれば、夜間の外出(徘徊)の対応にもなっていたかも。

スポンサーリンク

シェアする!

フォローする!




スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    災難でしたね。鍵で外から開けられるチェーンもありますよー。ホームセンターに売ってます

    • 石塚ワカメ より:

      へえぇ!
      防犯的にはアレですが、まあ今回ドライバー1本で開けられちゃったしそもそもチェーンの防犯性を信用しないという覚悟があればいいかもですね!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください