ダブルケア会合(2)

人見知りでヒキコモリ。
業界の横のつながりが全くないと言っても過言ではないわたくし石塚ワカメが、「介護」と言う共通のテーマを通じてまた同業者さんと会う機会をこさえていただきました。

なとみみわさんとナナイロペリカンさん

おいおいおい、また大物だよ…。みなさまごめんなさい。

あっけらかん」でおなじみのイラストレーターなとみみわさんは、以前から著書、メディアでのお仕事やブログでご活躍されているのを物陰から見ているだけのいちファンだったのですが、今回なとみさんの出版祝いを口実にダブルケア仲間でおなじみの(なれなれしいわ)ナナイロペリカンさんに繋いでもらってお会いすることができました。

みなさん知ってました?
なとみさん、くっそおもしろいんですよ!

ブログのタイトルのとおり…いやそれ以上にあっけらかんとしたお方で、みんなでヒーヒーお腹抱えて笑って…

真面目に仕事の話をしたり…

介護の話でしんみり泣いて…

また泣くほど笑って…

子どもの話でまた泣いて…

もうみんな涙腺ゆるゆる…。
とても充実しつつも情緒不安定な1日を過ごさせていただきました。

人見知りで出不精なのもあって、育児も介護も仕事も今まで積極的に人と会って共有しなかった私。ひとりで悩んでおらず、ただ悩みを聞いてもらったり、人の話を聞いたり、さらに笑ったり泣いたりするだけで気持ちがずいぶん変わり、見えてくる世界があるのだなと思いました。

でもね、介護も育児も、本気でどん底にいるときは人と会う気力がなかったりするのも事実…。そういう人に向けて、何かできることがないかなと思案中です。

しかし帰宅後、崩れた化粧に驚くアラフォー…

育児以上に、綺麗事ばかりじゃなく、光を見出しづらい「介護」。
でも大変だからとまわりに反対されても諦めず、愛情たっぷりに最後まで自宅で義理のお母さま「ばあさん」を看取ろうと足掻いたなとみさんは、本当にすごい。

私もいつか年老いたら、ばあさんのように周りの人への感謝を忘れずに、なとみさんのような嫁に看取られたい…。

そんななとみさんの、ばあさんとの愛しき日々が綴られた一冊。
みなさまもぜひ!


ミーハーなのでしっかりとサインをもらった私なのでした。

スポンサーリンク

シェアする!

フォローする!




スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください